ちょっと文句を言ってみる。

集客って結局、終わらない作業

ビジネスをするなら絶対に必要なのが「顧客」。

ここがないとホント安定なんてするもんじゃない。

もちろん最初、始めたばかりは基盤作りや設備投資、社内の仕組みなど色々と問題があってお客様は二の次とかになるかもしれないけれど・・・

 

結局ある程度まで出来た会社って「集客」で悩むよね・・・。

・人が来ない

・人は来るけど、買ってくれない

・リピートがない

全部問題だからね。

 

いや、ほんと。

 

情報は簡単に手に入ります。

 

しかも、今は簡単にインターネットというものを使えば欲しいものが検索できるし、比較もできる。

その情報が正しいのか否かはおいといて、

情報は簡単に手に入ります。

 

だからかな・・・

こっちからお客にアタックすると逃げる逃げる。

大抵はゴリゴリいくものだから逃げる、断る、聞かない、買わない。

 

でも、お客のほうから来るときは、な~んて簡単。

すぐに信じるし、すぐに買う。

 

これが俗にいう反響営業。

今の時代柄、こういうのが求められているんですかね。

 

思ったままにぐちゃぐちゃに書いているので、

構成とか考えていないので笑

読みにくかったらすみません。

 

なんだかんだ、日々の業務での、あの根性がいる営業がしんどくなってきているだけねんだけどね笑

 

初めての電話で、営業と分かった瞬間の、言葉にのる感情が変わる瞬間。

あれは正直つらめ笑

 

皆さんはどうなんでしょ。

ごりごり結果出す奴はそりゃいるだろうけど、

みんながみんなそんなできるわけない。

 

だから思うんです!

文章力が欲しい。

セールスレターが書けるように。

一人一人に話すことも重要だけど、

ターゲットを絞った、ペルソナを考えた

心のこもったレターを書けるようになりたい。

 

勉強頑張ります。